FC2ブログ

 

ksなブログを再利用。オマハブログへ転生する。
 

 

 
現在ポカスタで開催中のトーナメントシリーズ、micromillionsのイベント21の3,3ドルバイインで6737人中で最後ディールしての3位で1.9Kほど勝てました
初ディールにポカスタのリプレイにのるのも初でけっこううれしい、ディール申請中に気が完全に抜けてボケっとしてくだらんミスやったけどそれもまあよし。

で、マイクロとはいえせっかくオマハトナメでいい結果だせたので今回はハンドを振り返ろうってことでHMで保存されてるハンドからweaktightに自分か相手がオールインまで発展したハンドをうpしてそれについて一個ずつだらだらと雑感を書きつつ振り返ろうってことで。途中これさらすのは、、、って思うハンドもあるけど反省にそれもまたよし。
とりあえずハンドについてざっと見ていき最後にトーナメントをどういう姿勢でプレイしていたかについてとか書きます。

そもそもマイクロミリオンズにはあまり興味はないのでスルーするつもりだったけど諸事情により45分遅れのレベル9でレイトレジスト、5000チップスタートのブラインド70/140で開始。

22ハンド目
開始からチップを無駄に撒いてはやくも12BB。KKssなら当然のレイズで降ろしにいきリンパー一人相手に56%の勝負を勝ちチップを原点ちょいまで回復。

49ハンド目
BBの上昇はすさまじくチップはたいして減ってないのに9bbまで落ち込む。A&Aスーテッドあるとはいえ数字は下の方の構成でハイカードバリューもなければ自分のスタックでは3betしてのフォールドエクイティもなさげだが、隣はかなりのルースだし半ばあーもー負けたらもういいわ、どうせこのチップじゃあギャンブルだわとプッシュ。で相手のハンドもあれだがこっちはもっとアレなこの36%の勝負を勝ち。

56ハンド目

49ハンド目で勝ってからいい感じにチップを築いていくもさっきぶつかった相手に今度は負ける。
この見目麗しいハンドもエクイティは53%だしまあしゃーなし。

69ハンド目

フィッシュさん99%の勝負アザース。

83ハンド目

はい、当たり前ですが普段はこんなプレーしません。100%ベットオールインします。でも相手が69ハンドの人だったらするよね。

100ハンド目
やりすぎ、これは降りだろうなあ、3betされるまでもなくSBフォールドでよかった。とはいえ一応なぜ4betやったのかというと相手は3bet率が高くこちらは一見クソハンドでよく見てもやっぱりクソハンドだがAKのハイカードにAスーテッドで相手のレンジに対してはかなりのエクイティがあり(たとえば56ハンド目のQQ98ssには44%)、この時点でインマネも決まり5分ブラインドのスピード感覚で15bbから2bbのレイズフォールドもなぁとギャンブルを仕掛けた。実際は相手はKKでこちらは37%しかなかったわけだがこれに勝ち32BBに、すごいトーナメントが戦いやすいスタックを獲得。

103ハンド目
相手は100ハンド目と同じ。オマハでそうそうないプリフロップのエクイティが80%を逃げ切りついにビッグスタックを築く。

123ハンド目
おそらく今トーナメントにおけるワーストハンド。見返してなぜ3betに降りなかったのか自分でもわからない、相手のスタックサイズ見間違えたとしか思えない。相手は15ハンドで43/43とかだがチップに余裕あってもさすがにこのKTT6ssでスタック12bb弱のコミット3betは受けれない。が、この34%を勝つ。見れば見るほどこのハンドは恥ずかしい。

159ハンド目
感想とくになし。自分も相手も当然のプレー、48%を勝ったってだけ。

166ハンド目
これもとくには。トラッシュでもAAはAA、56%を逃げ切り。

197ハンド目
BBはスタックサイズ的にフォールドエクイティは低いし無理にスチールいかなくてもよかったっちゃよかったかもだが別に間違いとも思わない。61%負け。

204ハンド目
197ハンドの相手から59%を逃げ切りチップ回収。

216ハンド目

基本タイトだがSBはルースにスチールし掛けてきてた相手から。52%を逃げ切り。

242ハンド目
SB、BBともにドショートで(自分もそんなスタックないけども)どっちみちレイズしたらコミットするのでプレッシャーを最大限かけるためポットレイズ。45%を負け。

253ハンド目
ブラインドも上がり15BB、ブラインドバトルだしダブルスーテッドならとリスチールを仕掛ける、も相手それはどうなのって思うJJT9ssでかぶせられオールイン。51%を勝ちヘルシースタックに。

272ハンド目
オリジナルレイザーは完全にコミットしててKKで無理に3betしてブラインドに4bet食らうのもなぁとコール選択、ここではスクイーズきたらフォールド予定だがヌルプレーかも。プリフロ、フロップともに65%も引かれる。
ちなみにこいつがトーナメントウィナーのロシア人。

279ハンド目
んんん?wwwwこれ普通は3betコールドコーラーに対してリバースインプライドオッズもありそうだし降りないと駄目かね。というかこれセミファイナルだと思うんだけどおいおい。

281ハンド目
ルースな相手。こっちをリスチと呼んでなのかはわからないけ60%逃げ切り。テーブルチップリへ。たしかここらでファイナルを意識したかも。

298ハンド目
ここからファイナル!ってことで降りたハンドだが掲載

318ハンド目
ファイナル突入後。何度もショートがぶつかるもしぶとく飛ばなかったが前ハンドで2bbショートになった奴のオールインをオッズコールし飛ばす。

340ハンド目
ディール成立後、優勝の300ドルを賭けて。39%をまくれず終了。レイズフォールドするスタックサイズでもないししゃーなし。

ハンド見てきて今回のトナメまとめ。

今回のトーナメントは初期チップこそ5000と多かったものの(遅刻登録した自分はその恩恵はかなり受けれなかったけども)5分ブラインドだからあっというまにスタックが縮小していくので、それにいかに対応していくかが大きかったかなと。
自分の普段のトーナメント感覚よりもかなりショートになる手前で勝負することを意識していたように思います。
だいたい20BB以上ならセーフティスタックだが15BBきると次のブラインド上昇でさらにスタック減るので危険水域、さっさと勝負いくべし!くらいの、ま実際普段のトーナメント感覚もまだまだなんだけどもね。オマハトーナメントはどれくらいのアグレッシブさでいくかってのは難しいところ。
うpしたハンド群を見ればわかるけども4~6割くらいのエクイティでのぶつかりありが大半で
当たり前の理屈だけど仮にガマンしてハンド待っても5BB→10BB→20BBとダブルアップ二回を6割の勝負でやるのは
0.6×0.6=0.36でまあざっとした考えで10BBのときに36%の勝負を一回して20BBにダブルアップするのとかわらないのよね。そしてショートになればなるほどフォールドエクイティは失われていき、実際そこそこのエクイティはあるけどもレイズにはコールできないなぁってハンドでオッズコールされて飛ばされるってことにもなるわけで。
だったらさっさと勝負してって考えでプレーして、いくつかのハンドはやりすぎたけれどもトーナメント通してはそれがうまいこといったんじゃないかなぁと振り返って思います。

ディール成立のおかげでかなりの満足感があるけれども次は優勝したいね。うまくなるよう精進したいもんだ、ではまたノシ。 
スポンサーサイト



 

 

 

 
えりたんじゃないけど一個結果欲しいなぁと思いつつイベント1にでたらファイナルインマネしてリーダーボードポイント獲得、これはチャンスじゃないのと全9イベントでるものの途中まではいい感じにインマネしてポイント稼ぐも後半戦で完全失速して終了、どうしてこなた。

ポイントの割り振りの関係上、基本インマネしてポイント獲得できるかどうかが大きく、その後はゆるやかにポイントが順位ごとに上昇しつつ優勝だけけっこうガッツリポイント入るって仕様なので前半はインマネ付近でパッシブにいきすぎたところがあったように思える。あまりポイント気にせずアグレにいった方がよかったか。

後半戦は、まあハンド運がしんでたというのもあるけど、やはりハンド待ちすぎてショートになりすぎたってのが一番の反省点。当たり前だけどハンド待ちまくってAA来てもショートだとろくにチップ増やせないし時にクラックもされるわけで、勝負スタックに関してのプレイング戦略?が悪かった。

最後のイベント9は実はここ数日分かよってくらいかなりハンドきまくっていたものの、どうにもハンドがぶつからず自分自身もスタックあんまりないのにAJo<KTsでショートに削られたあとにミドルからのタイトのレイズにBBでTTで20bb。いやな感じはすごいしたけどこのスタックでは自分じゃshovする以外に無理、でAAとぶつかり終了。いくつかミスはあったし途中降ろされる感はあったけどかなりリスチはアグレにできたのでそこはよかったと思う。まあポイント争いしてるacejapanさんが途中から右隣にいて、彼のポイント獲得を阻止しつつ上位入賞が自分の最低条件だったのでリスクあってもそういう戦略にならざるおえなかったわけだけども。

最近ポカスタでプレーしててこんなに同じ人ばかりのトナメで毎日やるってことはなかったのでそこは楽しかったし、当たり前だけどやっぱポーカーは、というか対人ゲームは相手を見ることが大事というかほとんだだなぁと

別に悪いどうこうじゃなく、こういうプレーをする人がいる、いかにポーカーゲームを楽しむかと考える人。単純に魚マークをつける前にいろんな想いが駆け巡るとでもいうかね。

最後。
ポーカースキルで仮に相手を圧倒しててもスモールエッジを捨てすぎたりタフスポットで大人になりすぎててはトーナメントで最後までは立てないんだよなぁって。これは自分にもプレイし終えて思ったことなんだけどね。
生き残ることが大事とはいえ飛ぶリスクを恐れてチキってたらそこにつけこまれるだけよ。



悔しい、次があればリベンジできるようスキルアップに努めたいもんだ。 

 

 

 

 
zoom25でグラインドしつつプレーを見直し中。
zoomやらず普通のリングやれって話だが。

さっきやって考えれば考えるほどこれ微妙じゃね?ってプレー

ターンかぶせていいんだけどややディープだったし自分にはポジションあるからとフリーロール警戒のコール止め、とか考えてたけど120bb程度だったらもうshovoやね。

で、リバーチェックにチェックバックでもいいけどドライAもあるしほぼチョップ確定なので降ろすためにオールイン、で勝利。

でもこれ考えれば考えるほどターンのレイズコールするハンドってなに?って話だった。
UTG+1からのレイズにボタンから3bet、ドライなボードで二人相手にチェックバック、この時点で自分のレンジからはAAやKKとか、あとAKXXあたりのトップペアトップキッカーや68近くのラップやツーペア+ストドロあたりもまあない(AKXXなら2P引き&ポットコントロールもありえるか)。

そしてターンストレート目にBBがベットしていきそれにUTG1がレイズ、でここでコール。これがフロップだったら仮に自分がAフラドロもってたら3wayではオッズが約束されてるからコールできるんだけどターンだからAフラドロにJTかJ9のガットショットがあったとしてもさすがにオッズが合わないしBBがどう動くかわからんからコール出来ない。
自分がナッツストレート+フラドロあったらターンで喜んでshovするからそれもない。
95とAフラドロもって捨てきれずコールとか?それもフィッシーなプレーだなぁ。
やはりリドローなしの9T一点しかこんなプレーするレンジはないな。またはターンに77がセットになりフラドロもついたからコールとかくらいか。でもそんなハンドってプリフロで3bet入れてるから77とそれより上のペアでのダブルペアくらいしかないんだよなぁ。
実際こんなコールはパターン的にはミスクリックあたりが多そうな、またはファンシープレーシンドロームなクソなコールがほとんどって気がする。

こっちのわけわからんハンドが多そうなレンジに対して打たせようとフラッシュでチェックコール狙われてることも強い相手ならしそうだしチェックバックでよかったか。しかしチェックされてドライAあってこのポットオッズならほぼチョップポットをとりにいくよなぁ。

※追記 よく考えればナッツストにAフラドロをもっていたらターンのコールは悪くないかもしれない。なぜならBBがKフラドロでももっていたらリバースインプライドオッズを与えれるかもしれないから。
とはいえKKセットもたれてたらポットオッズは21%なのでいいオッズを与えてしまてるわけで。とはいえこちらがポジションあるおかげでペアボードでプッシュされたら降りれるし悪くない?か?うーん。 

 

 

 

 
オマハについてもあれこれ。

とりあえずP215~6のポジションがあってT987レインボーで3betし、JT98dsのときはレイズにコールするってのは間違ってるなぁと。理由は同著後半のガルフォンドに教わるページにKJT7dsでコールするなって書かれてるとこと同じ。

とはいえ前評判通り全体的にはかなり満足できる内容でしたよと。

でもドライエースを裸エースって書くのはちょっとダサすぎてやめてほしいんですけども。 

 

 

 

 
その1はstudyっていうか単なるリンク集(しかも後半面倒になってリンク貼ってない)になってたけど気にしない。

というかhow to studyってことだと一個忘れてた。

4 propokertoolやpokerstrategyのomaha equilabのこと。

どちらもオマハのエクイティ計算ツールやサイトで、ハンドvsハンドやハンドvsレンジなどのエクイティを計算してくれる。

たとえばこのハンド

実際のハンドでは自分のフロップエクイティ76%でフィッシュm9だけれども、vsQQやAsXsKKに対してはどれくらいエクイティがあるのか、とかちょっとでも気になったら調べたりする習慣はすごく大事というか基礎かなと。まああらかじめ特定のフロップやターンでのメイドハンドやドローハンドがどれくらいエクイティあるかざっとでも頭に入れておくのがオマハでは必要なんだけどね。

そういうデータ的な要素やSPR(stack to potratio)関係の記事でも次回は考えてみるか。というか書くことによって自分の中での再確認したいなってことなんだけど。

ではまた(´・ェ・`)ノシ 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2020 LIFE IS LIKE POT LIMIT OMAHA, all rights reserved.